「地球と人に健康を」NGPホテルが1周年

20090703b.jpg 「地球と人に健康を」をコンセプトにしたナチュラルグリーンパークホテルが、7月でオープン1周年を迎えた。水耕栽培プラントで完全無農薬で育てた野菜を使ったヘルシー料理や江汐湖畔ウオーキングなどの企画が現代人の健康ニーズにマッチし地元はもちろん福岡、広島からのリピーター客も多い。


 『健康』をキーワードに、国内で初めてという自然環境調和型のリゾート施設。その中心が本館に隣接する水耕栽培プラントで作る野菜を使った料理の提供。
水を大量に使用した好循環型水耕栽培プラントは、完全無農薬を実現し、人と地球に優しい野菜や果物を1年中、効率よく提供できる。
 宿泊者には夕方、このプラントで手摘みしてもらい、そのままサラダに付け合わせなどとして夕食のテーブルに出す。今の時期はトマト、ルッコラ、メロンなど70種類が栽培されており、野菜が苦手な子供たちも自分で収穫したものなら喜んで食べるという。
 田村由実子社長は「地域に密着しながらも新しい企画、サービスで魅力を増し、全国に『地球と人に健康を』を発信していきたい」と話した。

カテゴリー:アーカイブ2009年7月3日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ