人権週間でい~な大使や市長が啓発活動

人権週間の意義を来店者に伝える久保田市長(左)と宇部い~な大使の竹内さん(中央、4日午前10時ごろ、フジグラン宇部で) 第六十二回人権週間(四-十日)初日の四日、フジグラン宇部で、一日人権擁護委員の委嘱を受けた宇部い~な大使の竹内久乃さん(24)や久保田后子市長らが啓発活動を行った。

 山口地方法務局宇部支局(森脇秀仁支局長)と、宇部人権擁護委員協議会(児玉邦興会長)、各校区の人権教育推進委員協議会の関係者五十人が参加。ハンドタオルやカレンダーなどが入った啓発資料二百五十部を来店者に配布した。
 開会行事では、森脇支局長が竹内さんに一日人権擁護委員の委嘱状を交付。久保田市長は「人権週間を大いに盛り上げ、人権がわたしたち一人ひとりに身近で大切なことであることを、みんなで届けてほしい」と参加者を激励した。
 参加者は児玉会長の発声で店内各所に散り、来店者に週間の意義などを伝えていた。店内には特設人権相談所も開設された。

カテゴリー:アーカイブ,その他の話題2010年12月4日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single