出合小で科学体験講座

20090701c.jpg 山口東京理科大「ほんものの科学体験講座」が30日、出合小(川本幸夫校長)で開かれ、6年生が不思議な真空の世界を学習した。


 真空鐘という装置を使用。鐘の中に少し膨らんだ風船を入れ、空気を抜いていくとどうなるかなど4種類の実験を見学した。真空中では、風船は大きくなり、
音は消え、十円玉と赤い羽根の落下スピードが一緒になった。最後はマシュマロで実験。真空にすると予想通り大きく膨らんだが、空気を入れると元の状態より
も縮み、あまりの小ささに目を丸くした。

カテゴリー:アーカイブ2009年7月1日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single