山陽小野田市で新型インフルエンザ発生

 山口県は23日、山陽小野田市の親せき宅に一時滞在していた福岡市の20歳代の女性が新型インフルエンザを発症したと発表した。県内の感染者は5人目。
  健康増進課によると、女性は6月20日に米国カリフォルニア州から帰国。親類宅を訪れた22日に37・8度の熱と咳などを発症した。23日、県環境保健センターの検査で感染が確認された。
  入院措置は行わず、自宅療養している。親類宅で、ほかの人の感染は確認されていないという。

カテゴリー:アーカイブ2009年6月25日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single