青年・シニア協力隊6人を途上国に派遣

 青年海外協力隊・シニア海外ボランティアの壮行式が16日、県庁で行われた。エチオピアに派遣される中野加奈さん(24)=宇部市=ら青年4人、シニア2人の計6人が今月下旬から発展途上国で、培ってきた知識や技術を生かすことになった。
 中野さんは山口市内の幼稚園を退職しての渡航。23日に出発しエチオピアのアジス・アベバに派遣される。「経験は浅いが、できるだけ多くの現地の先生
や子供と接したい」と抱負を述べた。
 ほかに青年は下関市の山崎由美子さん(幼児教育・ニジェール)、山口市の田村翔さん(理数科教師・パプアニューギニア)、柳井市の沖原昌樹さん(同・マラウイ)。シニアは中野幸郎さん(音楽・ホンジュラス)、平木てる子さん(ソーシャルワーカー・ブラジル)。
 壮行式では、西村亘副知事が「現地で貴重な体験を積んでほしい。新型インフルエンザについても啓発、指導を」と激励した。

カテゴリー:アーカイブ2009年6月17日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ