フジグラン宇部でやまぐち地産地消フェア

 やまぐち地産地消フェアは、10日午前9時からフジグラン宇部で開かれ、県内の特産品・加工品を一堂に集めて来店者に山口の食の魅力を発信している。
 8時40分から行われたセレモニーでは、フジの辻英信店舗運営事業本部長ら関係者10人と聖和幼稚園の守山優希ちゃん、中本ヒカリちゃんが、約5メートルの菊川そうめんを使ったテープカットで食の祭典の開幕を祝った。6回目となる今年は、菓子、農産物、水産品、民工芸品の35事業者が65区画に出店。期間中には多彩なイベントが開かれる。14日まで。県物産協会(坪野功会長)主催、やまぐちの農水産物需要拡大協議会協賛。
 関係者と幼稚園児のテープカットで食の祭典が開幕(10日午前8時40分、フジグラン宇部で)

カテゴリー:アーカイブ2009年6月10日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ