カブトムシセット人気

 飼育の手間がかからないガラス瓶詰めのカブトムシセットが人気を集めている。幼虫、さなぎ、成虫に変わっていく様子が一目で分かり、子供たちの理科の勉強にもなる。夏休みを前に本格的な販売が始まった。
 園生の更生、就労の一環として知的障害者更生施設みつば園(南中川町)が19年前から生産、販売しているロングセラー商品。容量1リットルの透明のガラス瓶に腐葉土を詰めて雄、雌の幼虫を1匹ずつ入れ、ふたの代わりに小さな穴を開けたビニールをかぶせている。カブトムシセットは1本500円で、商業企業化支援センター日の出市場(日の出3丁目)の「せるぷ日の出」をはじめ市民体育館、きらら交流館、竜王山オートキャンプ場で販売している。
 夏に向けリピーターが多いカブトムシセットを紹介する小林店長(せるぷ日の出で)

カテゴリー:アーカイブ2009年6月9日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single