2009年度山陽小野田市補正予算、20億2900万円

 白井博文市長は5日、20億2900万円の2009年度補正予算案を発表した。4月に市長選があったため骨格予算で対応していたが、AED(自動体外式除細動器)の全公共施設への設置、県が取りやめる福祉医療費助成の市独自での助成など、政策的経費を盛り込んだ。当初予算と合わせた一般会計の予算総額は245億9900万円で、対前年度比3.1%増となった。
 2月の骨格予算編成時には、政策的経費を中心とした補正予算の規模は「10億-12億円になる」(財政課)としていたが、景気回復や緊急雇用創出を目的とした国の大型補正予算が成立し、市も関連事業に着手するため増額した。国の地域活性化・経済危機対策臨時交付金や財政調整基金を財源に充てる。
 記者会見で補正予算を発表する白井市長(5日午前10時半、市役所で)

カテゴリー:アーカイブ2009年6月5日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single