「女と男の一行詩」最優秀に坂本さん(大分市)

 山陽小野田市は29日、第11回「女(ひと)と男(ひと)の一行詩」の入賞作品12点を発表した。海外を含め1641人から2425点が寄せられ、最優秀賞には大分市の坂本洋一さん(47)の「心地良い 風が男女の垣根越え 未来へ吹くよ 共同参画」が選ばれた。地元からは老人施設支援員の三原正恵さん(56)=赤崎=の「一人だとつらいけど 二人だと楽しいかも 家事 子育て 親の介護」が優秀賞に選ばれた。
 1次審査通過の作品は冊子にまとめ、6月27日に市民館で開く男女共同参画週間講演会の参加者に無料で配布する。

カテゴリー:アーカイブ2009年5月30日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single