鵜の島で通学合宿

 鵜の島校区通学合宿が、25日から鵜の島ふれあいセンターで始まった。鵜ノ島小の5、6年生18人が参加し、夕食を作ったり、近隣住民宅にもらい湯に行ったり、5泊6日の共同生活を楽しんでいる。30日まで。校区子ども委員会(麻生都会長)主催。
 初日のメニューは親子丼と、モヤシとニラのあえもので、調理に当たった竹中萌さん(5年)、繁永早希さん(同)、星井萌絵さん(同)は「鶏肉の量も多くて、鍋の中で具材を混ぜ合わすと腕がだるくなった。でも楽しい」と話していた。
 親子丼作りを楽しむ子供たち(鵜の島ふれあいセンターで)

カテゴリー:アーカイブ2009年5月26日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ