山陽小野田市08年度国保会計、2億3100万円の赤字

 山陽小野田市の2008年度国民健康保険特別会計が2億3100万円の赤字を計上していたことが分かり、赤字分を09年度補正予算で補てんし、繰り上げ充用する。補正予算案は28、29日の市議会臨時会で審議する。
 国保年金課によると、高齢者医療制度の導入などで国保制度が変わり、国庫負担金の算定に見込み違いが生じたという。新市になって初めて国保特別会計で赤字を計上したが、今年度分は6月に国庫負担金などの見込み額を算定して保険料率を決めるが、同じような歳出状況だと歳入不足は必至の情勢。一般会計からの繰り入れにも上限があり、保険料額の見直しの可能性もある。

カテゴリー:アーカイブ2009年5月26日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ