ナルトビエイの一斉駆除開始

 小野田港沖に、これから大量に姿を見せるナルトビエイの一斉駆除が21日から始まった。
 アサリなどの漁業資源を食い荒らす“海のギャング”として、国、県、市が6年前から駆除を始めた。この日、行われた駆除は県漁協主催の事業で、総数は195匹に上った。体盤幅(横幅)が1.2メートル、重さが50キロの大物も水揚げされ、関係者を驚かせた。今シーズンは8月までに10回の駆除を予定している。
 大きいものは重さが50キロもあるエイを水揚げする漁業関係者(21日午前9時すぎ、刈屋漁港で)

カテゴリー:アーカイブ2009年5月21日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ