地元雇用要請で白井市長ら企業訪問

 山陽小野田市の白井博文市長は15日、商工会議所、宇部公共職業安定所の代表者らと共に地元企業4社を訪れ、新卒者を地元から積極的に採用するよう要請した。
 県内の3月の有効求人倍率は0.63倍で、景気後退により1年前の1.07倍から悪化している。小野田職安管内(山陽小野田市、旧美祢市、旧楠町)は0.48倍で、県内10職安のうち防府に次ぎ下から2番目の低さだった。
 若者の雇用について協議する関係者(西部石油山口製油所で)

カテゴリー:アーカイブ2009年5月18日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ