県が労災病院を地域医療支援病院に承認

 山口労災病院(坂部武史院長)はこのほど、県から掛かり付け医を支援する能力を備えた地域医療支援病院の承認を受けた。県内では4病院目。支援病院の主な役割は、紹介患者に対する医療の提供(掛かり付け医らへの患者の逆紹介を含む)、医療機器の共同利用の実施、救急医療の提供、地域の医療従事者に対する研修の実施となっている。
 坂部院長は「多くの救急患者を受け入れている当病院にとって、病院や診療所との連携、役割分担は非常に大事。さらに連携を深め、地域住民が安心して暮らせるように寄与したい」と話した。
 地域医療支援病院に承認された山口労災病院

カテゴリー:アーカイブ2009年5月8日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single