常盤公園のサルがピアス

 常盤公園のサル山「ときわ丸」で暮らすボンネットモンキーが、カラフルなピアスを付けている。おしゃれなアクセサリーではなく、れっきとした個体識別の目的がある。
 これまでも、個体識別のマイクロチップを体内に埋めていたが、専用の機械が必要なほか、一目見ただけでは、どれがどのサルか判別が付かなかった。そこで、白須道徳飼育指導員がほかの動物園で行っていたピアスを参考に、1匹ずつ色違いのビーズを組み合わせ、50匹を見分けられるようにした。
 穴から顔をのぞかせるピアスを付けたボンネットモンキー(常盤公園で、高野信行さん撮影)

カテゴリー:アーカイブ2009年4月27日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single