春の花壇コンクール、3団体2個人が最優秀

 宇部市春の花壇コンクールは22、23の両日、本審査が行われ、最優秀賞には、モデル部門から東岐波の國司久良さん(春秋連続9回目)と花園自治会(通算6回目)、花壇部門からは地域団体の宇部を美しくする会(同2回目)と学校の部の楠中(初)、フラワーガーデニング・プランター部門からは明神町の青木澄男さん(初)が、それぞれ選ばれた。
 審査に当たった古谷雅彦副会長(緑と花を育て隊隊長)は「キンセンカの生育状況は花壇によってまちまちだったが、病害虫の発生は少なく、立派な花壇が多かった」と評価。
 花壇を囲む整美委員の生徒たち(楠中で)

カテゴリー:アーカイブ2009年4月24日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ