阿知須でチューリップアート

 山口市阿知須浜表地区の休耕地に、秋吉台の山焼きをテーマにしたチューリップアートが登場し、地域住民の目を楽しませている。
 近くの古谷一成さん(72)、信子さん(68)夫妻が、同地区の入り口にある農地を借りて、チューリップを育てている。白い花は突出した石灰岩、赤と黄色は大地を焦がす炎、ピンクは起伏に富んだ全景を表している。古谷さんは「曲線の表現が難しく、紫の花が思うように咲かなかったけど、秋吉台をイメージして楽しんでもらえれば」と語った。
 カラフルなチューリップで山焼きを表現(阿知須浜表地区で)

カテゴリー:アーカイブ2009年4月15日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ