理大で交通事故、薬乱防止講習会

 山口東京理科大(塚本桓世学院長)で9日、学生向けの交通事故・薬物乱用防止講習会が開かれ、180人が交通マナーや順法意識の大切さを学んだ。山陽小野田署の佐伯壽徳交通課長、金本成司生活安全課長らが講師を務めた。
 佐伯課長は県内の最近の交通事故情勢を説明し、若者の死亡事故の特徴として、無謀運転が引き金になっていると指摘。金本課長は違法ドラッグを使用した後の恐ろしい症状について話し「自分がやらないのは当たり前だが、周囲の人にもやらせないでほしい」と訴えた。
 学生に安全運転を呼び掛ける佐伯課長(山口東京理科大で)

カテゴリー:アーカイブ2009年4月10日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single