「もちもちの里」11日発足

 山陽小野田市の南高泊干拓地で収穫されるもち米を使って、桜もちやおこわなどの加工品を“古里の味”として新しく売り出そうと、女性生産グループ「もちもちの里」が発足することになり、11日午後2時から南高泊干拓農業会館で設立総会を開く。
 元JA山口宇部後潟出張所に、6月に加工施設を整備。あんもちや桜もち、おこわなどの加工品を製造し、イベントだけでなくJA直営店、朝市などで常設販売する。

カテゴリー:アーカイブ2009年4月9日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ