山陽小野田市が4月から運転免許証自主返納支援事業開始

 山陽小野田市は、4月1日から65歳以上のドライバーの運転免許証自主返納支援事業を開始する。身分証明書代わりになる住民基本台帳カードの交付手数料を免除するなど、返納しやすい環境を助長する。
 新年度からスタートする山陽小野田警察署は1日、市内のタクシーや観光など9社と協力協定を結ぶ。特典の内容は未定だが、運賃や入浴料などが割引となる見通し。県内では、既に72業者が県警と協定を締結し、支援を行っている。

カテゴリー:アーカイブ2009年3月24日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ