段ボールコンポストの関心高まる

 地球温暖化対策に一役買おうと、段ボールを使って手軽にできる生ごみ処理が市民の注目を集めている。市環境課には段ボールコンポストの問い合わせや説明会の依頼が多数寄せられており、新年度には購入費の助成制度もスタートさせる。
 段ボールコンポストは段ボールにピートモス(ミズゴケなどが積もった泥炭)と薫製したもみ殻を3対2の割合で入れ、これに生ごみを投入すると発酵して消えていき、最終的には堆肥(たいひ)として使える。生ごみを焼却処分せず、リユースができる環境に優しい試み。段ボールコンポストについての問い合わせは市環境課(電話82-1143)へ。
 段ボールコンポストの中をのぞき込む説明会出席者(南若山自治会館で)

カテゴリー:アーカイブ2009年3月13日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ