「金のニワトリ探検隊」が1年間の学習成果発表

 厚東校区出身の著名人について調べていた厚東まちづくりサークル(中谷浩美代表)の「金のニワトリ探検隊」は2日、厚東小(秋枝一成校長、71人)で1年間の学習成果を発表した。東隆寺を建立した厚東武実、中原中也の父・野村(小林)謙助らを子供たちに紹介し、古里への誇りや郷土愛をはぐくみ、一人ひとりが夢を持つことの大切さを伝えた。
 金や銀色のニワトリや財宝より、地域の子供たちが一番の宝だということを伝える同校区の昔話「城山のたからくらべ」にちなみ、郷土発展に尽力した先人を「金のニワトリ」として発掘し、次代の子供たちに伝承しようと、今年度のサークル活動で取り組んだ。
 厚東の有名人について子供たちに話す中谷代表(厚東小で)

カテゴリー:アーカイブ2009年3月3日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ