豪華七段飾り、桃の節句を地域で祝福

 桃の節句を地域で祝おうと、第7回手作り茶会と作品展が28日から、西宇部ふれあいセンターで始まった。民家に眠る貴重な古代びななどを蔵出しして飾った会場で、甘酒やぜんざいが振る舞われる。3月1日まで開催。時間は28日が午後3時終了、1日は午前10時-午後2時。西宇部校区女性の会「サン・SUNメイト」(矢原聖子会長、32人)主催。
 会員が地域の人に呼び掛けて集めた七段飾りの豪華なひな人形六セットを披露。代々、受け継がれたというお宝びなもある。
 古代びな(手前)を飾る会員(西宇部ふれあいセンターで)

カテゴリー:アーカイブ2009年2月28日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ