川上小で初の花育授業

 卒業式を前に感謝の気持ちを込めた花を家族に贈ってもらおうと、川上小(山根正明校長)で24日、宇部花き出荷組合(石田義雄会長、50人)の組合員たちが、6年生109人にフラワーアレンジメントの作り方を教えた。
 花が与えてくれる癒やし、情操の向上、コミュニケーションの創造など、多様な機能を教育や地域活動に取り入れている農林水産省の「花育(はないく)」の一環。市内では初の取り組み。出来上がった作品は、午後の参観日に来校した保護者たちに手渡された。
 バランスを考えながら花を植え込む児童ら(川上小で)

カテゴリー:アーカイブ2009年2月25日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single