手芸ボランティア・糸の会が手作りひな人形教室

 手芸ボランティア・糸の会(河野衣子会長、15人)主催の「手作りひな人形教室」は13日、宇部市の男女共同参画センターであった。50-70歳代の主婦を中心に30人が参加し、ハマグリの形をしたちりめんのひな人形作りを楽しんだ。
 同会は年3回、手作り教室を企画している。今回の創作課題は「貝びな」。ハマグリ形に切った厚紙に、桃色のちりめん生地を張り、それに貝の形をした男びなと女びなを張り付けると、大まかな形が完成。和紙の金びょうぶやビーズなども接着剤で付け、華やかな壁飾りに仕上げた。
 ひな人形の壁飾り作りに熱中する女性(13日午前11時、市男女共同参画センターで)

カテゴリー:アーカイブ2009年2月13日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ