「紙芝居で山陽小野田市を発信する会」発足

 紙芝居を通して古里の魅力を市内外に訴えようと、「紙芝居で山陽小野田市を発信する会」(嶋田紀和会長、6人)がこのほど発足した。竜王山に伝わる民話や自然を題材にした紙芝居4作品を完成させ児童館などで子供たちに披露。嶋田会長は「ぬくもりのある古典的な媒体で古里の魅力を発信したい」と話した。
 椿まつり(3月22日・江汐公園)、ごんぜんまつり(4月19日・子持御前社)での上演を決めているほか、要請に応じて学校や福祉施設などに出向く。紙芝居の貸し出しも行う。
 完成した4作品を手にするメンバー(竜王山オートキャンプ場で)

カテゴリー:アーカイブ2009年2月6日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single