きょう節分、中津瀬神社にぎわう

 きょう三日は「節分」。宇部市内の神社や寺では、節分祭、星祭りがあり、開運厄よけや無病息災を願う多くの参拝者でにぎわった。
 水神さまの愛称で親しまれている新天町の中津瀬神社(丸茂雄治宮司)では、おはらいを済ませた古神札や正月飾りを焼納する大かがり火がたかれ、参拝者には境内からわき出るご神水を使った豆茶の接待があった。大粒の雨にもかかわらず、午前中から大勢の市民が集まった。参道には露店が立ち並び、唐戸市場(下関市)直送のふく鍋や恵方巻きの販売が人気を集めていた。
 福豆をつかもうと手を伸ばす参拝者ら(3日午前10時すぎ、中津瀬神社で)

カテゴリー:アーカイブ2009年2月3日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ