コクチョウの里親奮闘

 常盤公園でコクチョウの卵がかえり始めた。昨年に続いて、すべてのひなを世話する“里親のつがい”が決められ、二日現在で十一羽を育てている。今後は他の種類でも里親制度を試す。
 里親は、ひなが一つにまとまることで飼育員がカラスなど外敵から守りやすいメリットがあるが、技術的には里親にひなを付けるタイミングの見極めが難しい。新たに担当する常盤遊園協会の為近学動物係長は「もうすぐふ化し始めるコブハクチョウとクロエリハクチョウも里親の技術を試したい」と話した。
 ひなの世話をするコクチョウ(2日午前10時すぎ、常盤公園で)

カテゴリー:アーカイブ2009年2月2日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ