浸水86棟、土砂崩れ25件

 山陽小野田市災害対策本部は、大雨の被害状況(23日午後4時現在)を発表した。


 床上浸水は22棟、床下浸水は64棟。土砂崩れは25件。河川被害は大正川の一部がはんらんしたが人的被害はなかった。
 被災者への救援措置として、浸水などの被害により発生したごみを30日まで臨時収集する。自治会名、排出場所を市廃棄物リサイクル課(電話82-1147)へ連絡する。持ち運び困難なものについても同課に連絡すれば対応する。
 浸水被害に伴うし尿処理について(浄化槽を除く)も30日まで無償でくみ取りを行う。申し込み先は小野田地区は小野田公衛社(電話84-1785)、山陽地区は山陽清掃社(電話72-0202)へ。申し込み時に「大雨による災害」と告げること。
 浸水などによる家屋の消毒を希望する人は環境課(電話82-1143)へ。り災証明が必要な人は社会福祉課(電話82-1174)へ。

カテゴリー:アーカイブ2009年7月24日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single