7月被害726万円、振り込め被害再び増加へ

 7月に県内で起きた振り込め詐欺は10件、被害総額は約726万円だった。上半期に減少傾向だった件数が増加傾向に転じたことから、県警は警戒を呼びかけている。

 手口は、有料サイトの未納、退会料名目の支払え詐欺が7件(被害総額約644万円)、超低金利融資の保証金、手続き代金名目の貸します詐欺が3件(同約82万円)。
 送金はATM(現金自動預払機)からの振り込み、エクスパックと宅配便によるものだった。
 7月の被害認知件数は、前月5件の倍に上る。上半期は43件で月平均7件だった。
 県警捜査二課は▽心当たりのない請求は無視する▽不安になって相手に連絡する前に警察に相談するように呼びかけている。

カテゴリー:アーカイブ2009年8月5日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single