■山口県内市町への交付税、7・2%増の1162億円

 山口県は28日、国が交付する県内市町の2009年度普通交付税などの決定額を発表した。宇部市は80億9614万6000円、山陽小野田市は35億4871万3000円で、それぞれ前年度より13・7%、12・8%増加した。


 普通交付税は一定水準の行政事務を遂行するために必要な経費のうち、地方税などで賄えない財政不足を国税が補てんする。
 市町村民税法人税割に関する推計基準税額の大幅減少などで、県内13市・7町全体で1162億680万4000円の交付額となり、前年度より7・2%の伸び率となった。
 児童手当てなどの地方特例交付金は県全体で18億3212万7000円。うち宇部市は1億9625万7000円、山陽小野田市は7745万4000円。
 地方税減収の一部を補てんするため今年度まで3年間交付される特別交付金は、県全体で7億8890万1000円。うち宇部市は1億412万2000円、山陽小野田市は4481万4000円となった。

カテゴリー:アーカイブ2009年7月29日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ