2億5700万円のカーナビ詐欺で起訴

 自動車部品販売会社から2億5700万円相当のカーナビの取り込み詐欺をしたとして、山口地検宇部支部は8日、宇部市東吉部の元自動車ディーラー勤務の男(53)を詐欺罪で起訴した。


 起訴状などによると、昨年12月15日ごろから今年2月3日ごろまでの間、勤務していた自動車ディーラーの仕入れを装い、自動車部品販売会社から13回にわたり、1,768台のカーナビをだまし取った疑いが持たれている。
 宇部署の調べでは、顧客獲得のため、車の購入客に安価でカーナビを取り付けていた。しかし、途中から県内外の質屋に転売、仕入れ代金などに充てていた。

カテゴリー:アーカイブ2009年7月9日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ