救う会、山大医学部付属病院に1000万円寄付

20090731c.jpg 宇部市在住で、原発性肺高血圧症という難病を患う高常清美さん(55)の支援団体「高常清美さんを救う会」(末永二朗会長)が、山口大医学部付属病院(松崎益徳院長)に1000万円を寄付、同院から救う会に対して30日、感謝状が贈呈された。


 高常さんは1995年に喀血(かっけつ)し、原因不明の難病で、当時の医療では海外での移植手術しか生き残る道はないと診断された。多額の費用を捻出(ねんしゅつ)するため、同級生や友人らでつくる「救う会」が結成。県内外で募金活動し、目標額を上回る約7600万円を集めた。
 その後、京都大を経て渡米し、セントルイス州のワシントン大で検査し、手術リストに登録したところ、移植の緊急性は低いとの見解が示され、帰国してドナー(臓器提供者)を待った。この間に開発された新薬で症状が安定。今も酸素吸入器とボンベは手放せないが、海外での移植を断念し、内科的な治療を続けることにした。
 多額の浄財は、渡航費など必要経費以外は手をつけていない。高常さんと救う会では、医療の進歩に役立ててもらおうと、16日付で同院第二内科に寄付した。
 救う会は京都大にも1000万円を寄付した。残りの約4700万円は、国内の移植手術支援団体に寄付し、同じ難病に苦しむ人のための基金にしてもらう考え。末永代表は「すべての手続きが終わった段階で皆さんにも正式にお知らせしたい」と話した。

カテゴリー:アーカイブ2009年7月31日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single