2017年度が本格始動

2017年度が本格的に動きだした3日、宇部市役所や市内の多くの企業で入所式、入社式が行われ、フレッシュマンたちが期待と不安を胸に、新生活をスタートさせた。

宇部市の入所式は午前9時40分から市役所であり、地域行政を担う新入職員32人一人一人に辞令が交付された。

入所者の内訳は、上級職は行政14人、土木1人、保健師2人。中級職は保育士8人、初級職は行政5人、電気2人。男女比は男性9人、女性23人。

式では、新入職員を代表して、都市整備部住宅課配属の金子将斗さんが「全体の奉仕者として、誠実、公正に職務を執行することを誓う」と宣誓。久保田后子市長は「皆さんには、想像力、企画力、説明する力、発信する力を磨いていってほしい。熱い志を持って公務員になったと思うので、市民の期待に応えられる職員になって」と訓示した。

新入職員は研修を経て、11日午後から各職場に配属される。

カテゴリー:アーカイブ2017年4月3日

写真注文はこちら
宇部日報社刊・書籍販売始めました
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single