海難防止運動で一日海上保安官任命

全国海難防止強調運動(16~31日)に合わせ、宇部海上保安署(市坪義和署長)は18日、市内の女性会社員2人を一日海上保安官に任命した。式後、巡視艇「ときなみ」に乗り込み、宇部港周辺で停泊や航行する船舶に、スピーカーを使って「安全運航に努めてください」と呼び掛けた。
港町合同庁舎で行った任命式で、市坪署長から辞令を受け取った福田朝妃さん(25)=宇部物流サービス=と西村裕美さん(28)=宇部工業=は「正義、仁愛の精神にのっとり業務に励みます」と宣誓した。
海上保安協会宇部支部の村田茂輝副支部長は「日々の地道な取り組みが海難ゼロにつながる。若さでがんばって」とあいさつ。市坪署長は「宇部市沖は漁場であり、航行船舶が多いことから、警戒が必要」と述べた。 重点事項は▽見張りの徹底と船舶間コミュニケーションの促進▽プレジャーボートの発航前点検の徹底▽ライフジャケットの常時着用など自己救命策の確保-の3点。

カテゴリー:アーカイブ2014年7月18日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ