山口市の長沢池でシバザクラ見頃

山口市鋳銭司の長沢池北側に植えられたシバザクラが見頃を迎えた。赤や白、ピンクの花が咲き誇り、通行人やドライバーの目を楽しませている。

地域の憩いの場を作ろうと、数年前から鋳銭司自治会環境部会(野村勝敏部会長)が中心となって育てている。今年は幕末に兵学者、医師として活躍した大村益次郎を祭る大村神社前から鋳銭司郷土館までの延長約80㍍、高さ約3㍍の同池のり面に450株を植栽した。

国道2号を走るドライバーからも好評で、「きれいですね」との声が寄せられており、自治会関係者は「多くの人に訪れてもらい、鋳銭司を知るきっかけにしてほしい」と話している。5月の連休明けまでが見頃だという。

カテゴリー:地域,季節,アーカイブ2018年4月21日

山口ゆめ回廊
石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
アーカイブ
facebook
twitter