寒さなんの、気合で寒稽古

宇部市の糸東流空手志誠館(岡村哲泰代表)の寒稽古は3日、焼野海岸で行われた。園児から一般までの30人が参加し、心身を鍛えた。

塾生が楽しみにしている毎年恒例の行事。砂浜をランニングして体をほぐした後、気合のこもった「えい!」の掛け声に合わせて、突き、蹴り、受けといった基本動作を繰り返した。続けて膝下まで海に入り、突きの練習。子どもたちは海水の冷たさに負けず、元気な声を出し、腕を突き出していた。

30分間の稽古の後、きらら交流館で保護者が用意したカレーライス、豚汁、ぜんざいを食べ、冷えた体を温めた。

鵜ノ島小1年の伊藤咲葵さんは「寒かったけど、楽しかった」と話した。
気合を入れながら突きの稽古をする子どもたち(焼野海岸で)

カテゴリー:季節,アーカイブ2018年2月6日

山口ゆめ回廊
石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
アーカイブ
facebook
twitter