宇部井筒屋50年の歴史に幕

山口井筒屋宇部店(通称宇部井筒屋)は12月31日、最後の営業日を迎え、市内唯一の百貨店で、最後の買い物を楽しもうと多くの市民が訪れた。閉店後にシャッターが下り始めると「今までありがとう」などの声があがった。集まった約200人が見守る中、地域経済を支えてきた同店は、50年の歴史に幕を下ろした。
午前10時の開店前から、東西両玄関に100人を超える客が並び、東玄関横のカウントダウンボードや建物の外観を写真に納める人も多く見られた。午後6時の閉店まで店内はにぎわい、閉店直前からは店員が西玄関側に集まり、買い物客を見送った。
西玄関前で行われた閉店セレモニーでは、歩道に何重もの人垣ができた。田邊浩二店長は、時折声を詰まらせながら「暮れの大みそかにまで多くのお客さまに来ていただき本当に感謝している」と謝辞。取引先を含め130人の同店関係者が一斉に頭を下げ、シャッターが下り始めると、集まった人の輪から拍手と名残を惜しむ声がわき上がった。
閉店後にインタビューに応じた田邊店長は「きょう一日いろいろな方とお話させていただき、改めてこの店が果たしてきた社会的使命を感じた。経営上の問題で閉店してしまうことに対しては宇部市民の皆さまに申し訳ないという気持ちでいっぱい」と語った。
同店は、1969年にちまきや百貨店から引き継ぎ営業を開始。以来半世紀にわたり、宇部の中心市街地の顔として、市民に親しまれてきた。来年3月に、ゆめタウン宇部にサテライトショップ開設を予定しているが、閉店後の跡地利用の問題は、まだ定まっていない。

カテゴリー:アーカイブ2018年12月31日

山口ゆめ回廊
石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
アーカイブ
facebook
twitter