台風8号、警戒態勢続く

大型で強い台風8号が接近し、県内は9日午前、強風域に入った。最接近する10日は大荒れの天気となる見込みで、下関地方気象台は暴風や高波、大雨に警戒を呼び掛けた。宇部市や山陽小野田市の全公立小・中学校が10日の休校を決定。各種行事の中止決定も相次いでいる。

日本気象協会九州支社によると、台風のコースは、当初の予想進路より南にずれる見込み。県内が暴風域に入る可能性は低下したが、湿った空気が流れ込み、局地的に大雨が降る。
宇部市教育委員会は9日午前9時に10日の休校を決め、各小・中学校に通知した。私立校では慶進中が10日の休校を決めており、宇部フロンティア大付属中は下校時までにあすの対応を決める。山陽小野田市教委は8日に休校を決定済み。
行事関連では、9日からスタートした夏の交通安全運動は9、10日の啓発行事の大半が見合わせとなった。10日に予定されていた宇部市の白土海水浴場とキワ・ラ・ビーチの海開き祈願祭も中止が決まっている。
台風は、9日午前11時現在、東シナ海を時速20㌔で北へ進んでいる。気象庁は、10日午前に九州に上陸するか、かなり接近した後、四国から東海、関東の沿岸付近か沖合を進むと予想。県内は9日風速15㍍以上の強風域に入り、10日夕方から夜の初めに、最接近する見込み。
10日にかけての最大風速は、瀬戸内海側で15㍍(最大瞬間風速25㍍)、陸上で12㍍(同25㍍)。波の予想は瀬戸内海側で3㍍。
雨量は多い所で1時間に40㍉、10日正午までの24時間に150㍉。台風の接近に伴いさらに増える。11日正午までの24時間は100~150㍉。
気象台は、2日以降の大雨で、地盤の緩んでいる所があるとして土砂災害の警戒も呼び掛けた。

台風の接近を警戒して、宇部市内のスーパーやホームセンターには、8日から非常用グッズを買い求める人が殺到した。神原町のマックスバリュ恩田店(高橋和宏店長)では、ペットボトルの水やカップ麺など、一部の商品が品切れになった。
同店では8日夕方には200台の駐車場がいっぱいになり、順番待ちの列ができた。日持ちするパンやカップ麺、レトルト食品、缶詰は品切れになり、9日朝は従業員が陳列棚に商品を補充する作業に追われた。
懐中電灯やガムテープの特設コーナーは、ほとんどが品切れ。ペットボトルの水は補充したはなから箱単位で買い求める客の姿があった。
台風が最接近する10~11日も通常営業する予定で、高橋店長は「約120人の従業員には無理して出勤しないように通達したが、お客さまに不便を掛けないようにしたい」と話した。

 

カテゴリー:アーカイブ2014年7月9日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single