あすまでラベンダーまつり

第9回ラベンダーまつり&onoマルシェが10日、アクトビレッジおので始まった。宇部西高による花の販売や、ハーブを使ったクラフト体験、ラベンダーの摘み取りなどが人気で、多くの人でにぎわっている。11日まで。ハーブネットワークサウスバーム部会(佐々木智子部会長)主催。

宇部西高のブースでは、生徒たちが育てたラベンダーやアジサイをはじめ、ベゴニアやマリーゴールドの花の苗、オクラやチンゲンサイなどの野菜を販売。花好きの女性たちの列が開場前からできるほどの人気ぶりとなっている。

乾燥させたハーブと卵の殻を使ったポプリの製作(1個500円)や、ラベンダーの摘み取り(15本100円)もできる。まつり会場をスケッチする大会(小学生以下対象)も開かれており、受賞者には図書カード(1000円分)をプレゼントする。ビジターセンター内では「onoマルシェ」として手作りの雑貨やアクセサリーを販売している。

佐々木部会長は「ラベンダー畑は現在六~七分咲きで、あと1週間程度で満開になる。今月末までは見頃」と話している。

時間は午前10時から午後3時まで。問い合わせはアクトビレッジおの(電話64-5111)へ。

カテゴリー:アーカイブ2017年6月10日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single