宇部市人事異動、大規模587人

宇部市は25日、4月1日付の人事異動を発表した。異動総数は前年比163人増の587人で、消防本部とガス水道局、交通局を除いた本庁関係分は同200人増の470人。行政組織を大幅に見直したことで、近年にない大規模な異動となった。部長級は部の再編成や昇格、退職により、大半が動く。

第4次市総合計画・前期実行計画の初年度に当たり、その施策・事業を着実に推進し、市民サービスの向上を図るため、スリム化と実効ある組織体制を整備。職員定数の適正化を進める中で、重点施策に対応するため、適正に配置した。組織の見直しは2002年以来8年ぶりだが、今回は財務部が新設された1997年の規模を上回る。組織名称などの改正を含めた発令総人数は818人。
教育委員会を含む現行の12部は9部1局となる。総務部、総合政策部、財務部は、総務管理部と総合政策部の2部に編成。総合計画、マニフェスト(政策公約)、行財政改革に一体的に取り組む政策推進課を新設し、文化振興課、スポーツ振興課(旧体育課)を市長部局に取り込む。
市民生活部と環境部、土木建築部と都市開発部は統合し、市民環境部、公園整備局(部相当、公園緑地課、常盤公園活性化推進室)を新設。経済部は産業経済部に名称変更し、農商工ブランド推進室を新設し、魅力ある地域ブランドの創出と雇用の確保に取り組む。

カテゴリー:行政2010年3月25日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single