船木の「ふるさと学習館(仮称)」、美建築設計事務所が担当

rekisi.jpg 宇部市が船木地区への整備を進めている文化と教育の複合施設「ふるさと学習館(仮称)」の設計者が、コンペの結果、美建築設計事務所(鵜の島町)に決まった。新年度の実施設計などを経て、2012年度末の完成を目指す。久保田后子市長が8日の定例会見で発表した。

学習館は、合併時に策定した新市建設計画に基づき、地域文化の継承と保存を図るために建設する。楠総合支所西側の市道沿いに、約6800㎡の敷地を取得。施設概要は鉄筋コンクリート平屋建てで、延べ床面積約1800㎡。
資料館、図書館、生涯学習の三つの機能を持ち合わせる施設は市内でも初めて。建物の内部は、利用者に分かりやすいようゾーンニング。外観は、赤間硯(すずり)の原石を顔料にした瓦屋根とステンレス製の屋根、コンクリート打ち放し、白壁など、宇部、楠両地域の対比と調和、建設地の歴史や文化、風土、景観などに配慮している。
施設には、島の郷土資料館、楠地区の各ふれあいセンターにある郷土資料(古文書、古民具)などを保存し、宇部の歴史が分かるように展示する。用地取得を含む総事業費は約12億円を見込み、その大部分は合併特例債を充当する。

カテゴリー:行政2010年3月9日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single