宇部市急患診療所、インフル発熱外来あすで閉鎖

宇部市休日夜間救急診療所が開設していたインフルエンザ発熱外来は、受診者数の減少を踏まえて、あす30日限りで閉鎖される。小児科は従来通り。

同外来は昨年10月1日に開設。市内で新型インフルエンザの流行が拡大した昨年11月には、月曜日から土曜日までの1日平均で内科に10.2人、小児科に36.5人が受診した。1月に入ると内科で5.4人、小児科で11.4人(いずれも18日現在)と落ち着いてきた。
宇部市は「関係医療機関の尽力もあり、市内で新型インフルエンザによる死者がでなかった。新型インフルエンザが終息したわけではないので、今後とも対策に取り組みたい」と述べている。

カテゴリー:行政2010年1月29日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single