上関原発、政府は推進の立場変わらず

二井関成県知事は22日、山口県の重要課題について政府の方針を確認するため、文科省などを訪れ要望書を提出した。

2015年に開催される第23回世界スカウトジャンボリーに関しては、鈴木寛文部科学副大臣から「国を挙げて応援しなければならない。できるだけ早く閣議了解を得る努力をしたい」と、財政支援に前向きな返答。
上関原子力発電所建設計画にかかわる安全性の確保については、増子輝彦経済産業副大臣から「原子力政策は従来と変わりない。温暖化防止の観点から、上関原発も推進しなければならない発電所としてカウントしている」という趣旨の発言があった。
二井知事は「新政権には原発建設反対の立場をとる社民党が入っており、国の原発政策に変更がないことを確認する必要があった」としている。

カテゴリー:行政2010年1月23日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single