二井知事、地方交付税の増額評価

来年度の政府予算案に対して、二井関成県知事は28日、「地方財政対策(地方交付税の増額)は一定の配慮が成されたと受け止める」と評価した一方で、「(借金となる)臨時財政対策債の増加はやむを得ないこととはいえ、不安を覚えざるを得ない」と懸念を示した。

年末の記者会見で見解を明らかにした。県の予算編成については「県債残高が増えることを避けていかなければならない」とし、政府予算案に盛り込まれた子ども手当の支給や高校授業料の無償化の具体的な中身について情報収集をしている現状を説明。「年明け早々には分析を終える見込みだが、ものによっては(予算計上を)若干延ばさなければならない」とした。

カテゴリー:行政2009年12月29日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single