山口県、太陽光発電導入に補助金

山口県は、太陽光発電システムや省エネ・グリーン化製品の導入を促進するため、経費の一部を補助する「やまぐちエコハウス補助金」と「やまぐちエコオフィス補助金」を創設した。

来年1月4日から受け付けを開始する。補助対象製品となる「県産省エネ・グリーン化製品」の届け出制度も創設し、先行して受け付けを開始した。
エコハウス補助金は、住宅用太陽光発電システムが1kw当たり2万円(上限8万円)。省エネ・グリーン化製品が8万円(2製品以上で24万円以上導入した場合)。
県産木材利用促進枠を設け、床面積120m2以上の場合、省エネ・グリーン化製品は最高24万円(2製品以上で72万円以上導入した場合)の補助が受けられる。
導入するシステムや製品は、県が定めた二酸化炭素削減効果の基準を満たすなど補助要件がある。申請先は県予防保健協会(電話083-933-0018)。
エコオフィス補助金は、対象経費の三分の一以内で上限五百万円。太陽光発電システムは最大出力十㌔㍗以上、省エネ・グリーン化製品は三製品以上で三百万円以上導入することが必要。申請先は県環境政策課(電話083-933-2690)。
省エネ・グリーン化製品は、太陽熱利用暖房や給湯器、高断熱複層ガラス、燃料電池、地中熱利用、屋上緑化などを想定している。
いずれも受け付けは先着順で行い、予算の範囲を超えた場合は抽選で交付予定者を決定する。エコハウス補助金は約1800件、エコオフィス補助金は約6件の予算枠を設けている。
一方、県産省エネ・グリーン化製品は、県内で製造・加工された製品と、県産の原材料を利用した製品で、公的機関の各種基準を満たしていることが要件。一定の審査後、県ホームページで紹介する。問い合わせは県環境政策課へ。

カテゴリー:行政2009年12月23日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single