児童高学年もワクチン前倒し接種

山口県は来年1月初旬に予定していた、小学校高学年や1歳未満の小児の保護者へのワクチン接種を、4日から前倒し実施する。

県は第4次出荷分として5万6338回分(成人換算)を国から配分された。
これまでに小学校低学年までの小児に接種している。これに加えて■1歳未満の小児の保護者■基礎疾患のある人など優先接種対象者のうち、健康上の理由で接種できない人の保護者■小学校4-6年生、を4日から前倒し接種する。
さらに1月中旬に予定していた中学生についても、同月初旬に早める。全国で最も早くなる見込み。
ただ今回のワクチン量は、必要者数の2割にとどまり、実際にはすぐに接種が受けられない場合が多い。あらかじめ、かかりつけ医に予約した上で来院すること、医師の指示に従うよう呼びかけている。

カテゴリー:行政2009年12月2日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single