九州知事会「政策の優先順位を検討すべき」

九州地方知事会議は26日、大分県日出町であり、二井関成知事ら9県の知事が参加。地方主権の確立に向けた特別決議や、要望などをまとめた。

「地方分権改革の着実な推進」については、地方分権改革の推進スケジュールを早急に示すように要求。国から地方への権限と財源の一体的な移譲、国出先機関の原則廃止など、国と地方の役割分担の抜本的な見直しを求めている。
高速道路の無料化や暫定税率の廃止については、巨額の財源不足を踏まえ「政策の優先順位を真摯(しんし)に検討すべき」と、慎重な検討を求めた。

カテゴリー:行政2009年10月27日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single