市議会議長に植松さん、副は高井さん

宇部市議会の5月臨時会は21日開会し、新しい議長に植松洋進さん(71)、副議長に高井仁さん(73)を選んだ。共に初選出。植松さんは「市民の多様な声が市政に反映できるよう、公平公正で開かれた議会運営に努めたい」などと抱負を語った。

杉山孝治さんの議長辞職に伴い、28人全員が出席した本会議で無記名投票が行われ、議長選は植松さんが20票、新城寛徳さん(公明)が4票、荒川憲幸さん(共産)が4票。副議長は高井さんが19票、村上恵子さん(公明)が4票、岡本公一さん(共産)が4票を得た。
植松議長は「身に余る光栄とともに、浅学非才を顧みて、その責の重さを痛感し、身の引き締まる思い。意思決定、執行機関の監視にとどまらず、政策形成機能が発揮できるよう、議員、執行部に理解と協力をお願いしたい」と語った。高井副議長も「議会の立場と役割を認識し、議長を補佐し、元気な宇部づくりに力を尽くしたい」と決意を述べた。正副議長の任期は同日から2年間。
このほか初日は、固定資産評価員の選任、2012年度一般会計補正予算の専決処分の報告など計4件に同意・承認した。日程は24日までの4日間。最終日は各常任委員会の顔ぶれが決まり、農業委員会の委員2人の推薦、宇部・阿知須公共下水道組合議会、養護老人ホーム長生園組合議会、宇部・山陽小野田消防組合議会の議員の選挙が行われる。

カテゴリー:行政2013年5月21日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ