参院補選、あす告示 4新人の争い濃厚

参院山口選挙区補欠選挙(被選挙数1)は、あす11日に告示され、28日の投開票に向けて17日間の選挙戦がスタートする。昨年末の総選挙で自民党が政権奪還を果たしてから全国で初めて実施される国政選挙。安倍晋三首相のお膝元でもあり、7月の参院本選の前哨戦として注目を集める中で舌戦が始まる。立候補を予定しているのは政党の公認・推薦を受けた新人4人。いずれも出陣式には党首ら党幹部が応援に駆け付け、挙党態勢での総力戦に気勢を上げる。

立候補予定者は、自民公認・公明推薦の元下関市長、江島潔さん(56)、無所属・民主推薦の元法務大臣、平岡秀夫さん(59)、共産公認の元周南市議で党県くらし・雇用対策本部長、藤井直子さん(60)、幸福実現党公認で党県本部副代表、河井美和子さん(50)。
安倍政権追い風-江島さん
江島さんは山口市に事務所を設け、自民県連の各市町支部の力を借りながら着々と準備を進めてきた。下関市長としての4期14年にわたる実績を強調。総選挙後も多くの支持を集める安倍政権の経済政策を追い風とする。課題とされていた県東部での知名度不足も、陣営では「克服した」としている。出陣式には石破茂党幹事長が来場。中盤には安倍首相も駆け付ける。
野党結集目指す-平岡さん
平岡さんは、民主政権時代には法務大臣も務めたが今回は「穏健保守から中道・リベラルまで、野党勢力を幅広く結集したい」として無所属。結果として、みどりの風から推薦、社民から支持を取り付けた。脱原発の市民団体も応援している。党の支援母体である連合は支持。選挙戦の活動主体は民主県連が担う。民主の海江田万里代表は選挙戦中に数回の来県を予定。
市議実績生かす-藤井さん
藤井さんは、市議を3期務めた地元の周南市をはじめ、県内の党組織の力を借りて支持固めを図っている。「母子家庭で、母親の苦労をずっと見てきた。困っている人を助けたい」「市議時代に市民と声を上げて市政を変えた。今度は皆さんと国政を変えたい」など、経験に基づいた主張を各地で展開している。出陣式には小池晃党副委員長が来場する。
支部党員が活動-河井さん
河井さんは、宇部など県内5カ所にある党支部の党員が担当エリアごとに、支援の輪を広げている。河井さんの地元・周南市では、2009年の衆院選山口2区に出馬したこともあって体制固めが進む。陣営によると「消費増税ストップ」「憲法9条改正」「女性の視点」などの主張もあって、自民でも民主でもない受け皿として好反応を得ているという。
出馬表明していた社会福祉法人理事長の男性(74)は「政党の公認・推薦が得られなかった」などとして取りやめた。

カテゴリー:行政2013年4月10日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single